文法や、基本的な文章作成技術を学びたい人には「Word文書処理技能認定試験」という資格がオススメです。

この資格は、Microsoft Wordの機能を活用し、ビジネス社会のニーズに即した文書処理を行う技能を認定するサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の資格試験です。

試験は1~3級があり、基礎的な実務知識が問われる知識試験と、Wordの操作能力が試される実技試験からなっています。

3級合格には簡単なビジネス文書の作成、表計算、ビジネス帳票などに関する基本的な知識が必要です。

2級は通常のビジネス文書の作成能力などが問われ、1級は仕事の内容に即した高度なビジネス文書の作成のほか、表計算、ビジネス帳票などに関して、高度な実務知識が求められます。

1級まで一気に取ってしまおうと考えると正直大変な資格だが、3級から順序よくとろうとすれば合格率は7割前後なので、他の資格に比べサクサクと資格を取得する事ができると思います。

またWordの資格は就職での資格欄に記述する事が出来たり、働いている場合であれば給与が増えると言う事がありえます。

個人的に勉強しながらでも3ヶ月前後で充分に取れる資格なので、まずは参考書を購入し3級から始めてみてはと思います。

スポンサーリンク