会社のプレゼンを将来的にやらされるのであれば、関連の資格を取得しておくのはどうでしょう。

その資格は、PowerPoint(R)プレゼンテーション技能認定試験という資格です。

この資格は、PowerPoint(R)の機能を活用し、プレゼンテーションスライド制作の技能と同時に、プレゼンテーション能力を認定する資格で、正にプレゼンが仕事の一部だと言う人には取得が必須ともいえる資格です。

試験は初級と上級に分かれ、知識問題と実技問題で構成されています。

また、大多数の企業に重視されるプレゼンテーション能力が身につく注目の資格でもあります。

そのため資格の需要はあり、ビジネスシーンにおいて効果は大きく実社会で即戦力となる力を身につけることができます。

この資格はパソコンを利用してパワーポイントを駆使して、どのようなスライドショーを作り上げられるかを表す資格と取って頂ければ結構です。

資格合格率は7割前後と高く、他の資格は軒並み6割を切る物が殆どなので7割と言うのはかなり高いです。

そして現在『早く取れて一番、就職に便利な資格』を探しているのであれば、まずはPowerPoint(R)を取るのはいいかもしれません。

スポンサーリンク