国の防衛に関わりたいけど、体力的な作業より頭を使う仕事に就きたいと考えている人は防衛庁職員という資格を取得して、防衛庁での事務的な作業をオススメします。

また、防衛庁職員には陸・海・空自衛隊や防衛庁本部などで研究・技術・事務職に携わる防衛庁職員のⅠ種。
上級職員(研究・技術職)はI種、中級職員(技術・事務職)はⅡ種、初級職員(一般事務・技術職)はⅢ種と3区分があります。

なので、資格を取得した後に本人の希望する職種につきやすいという魅力があり、その点で国家に携わる仕事をしたいと言う方からは人気です。

受験資格は
●Ⅰ種:①受験年の4月1日で21歳以上33歳未満の者。②21歳未満で短大、専門学校卒業又は卒業予定者。
●Ⅱ種:①受験年の4月1日で21歳以上29歳未満の者。②21歳未満で短大、専門学校卒業又は卒業予定者。
●Ⅲ種:受験年の4月1日で17歳以上21歳未満の者となります。

資格試験の合格率はⅠ種5%、Ⅱ種3%、Ⅲ種9%程度で、Ⅲ種ならまだしも他のランクはかなり合格が厳しい内容となっています。
講座のセミナーや通信講座などを利用してしっかりした対策をしておかないと合格は難しいです。

就職先は陸・海・空自衛隊や防衛庁本部などとなります。
仕事内容は陸・海・空自衛隊や防衛庁本部などで研究・技術・事務職を行います。

スポンサーリンク