運行管理者試験という試験があるのですがご存知でしょうか?
運行管理者試験というのはどのような試験なのかというと、貨物と旅客の運行管理者試験があります。

貨物の運行管理者試験の筆記試験の方では、貨物自動車運送事業法に関係する問題や道路運送車両法関係の問題、道路交通法関係の問題、労働基準関係の問題、そのほかにも運行管理者試験の貨物では、運行管理者としての実務上に必要である知識や技術の試験が行われます。出題数は30問になっています。

そして旅客の運行管理者試験の方は、同じような内容ではありますが、少し内容が貨物とは違っています。
運行管理者試験の合格基準は貨物も旅客も一緒で万点の6割以上の正解率であることが条件になっています。

しかし出題されている分野ごとに正解が1問以上はあるということも決められています。
運行管理者試験の受験資格は、実務経験を1年以上積んでいる人でなければ受験することができませんしこのほかにも、基礎講習を修了している人なら受験することができます。

また近い運行管理者試験に二回受験資格を得ている人も受験することができますし、他の運行管理者資格を持っている人も受けることができます。

スポンサーリンク