警察官という職に対して大抵の人は「厳しい」というイメージがあるようですが、実はそうでもないという事は多く、休日も他の職種と同じかそれ以上にあります。
特に面倒な仕事と言えば、交代勤務くらいです。

警察官とは、国民の生命・財産などを保護し、犯罪の予防鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、そのほか公共の安全などを職務とする地方公務員です。もちろん警察官になるには資格が必要です。

受験資格は
●Ⅰ類:①試験日に30歳未満で大学卒業又は、卒業予定者。②21歳以上30歳未満で大学卒業程度の学力を有する者。
●Ⅱ類:①試験日に30歳未満で試験度内に短大卒業又は、卒業予定者。②19歳以上30歳未満で短大卒業又は、卒業予定者もしくはそれと同等の学力の認定された者。
●Ⅲ類:①試験日に30歳未満で試験度内に高校卒業又は、卒業予定者。②17歳以上30歳未満で高校卒業又は、卒業予定者もしくはそれと同等の学力の認定をされた者となります。
※注 (その他、細かい身体基準があります)

資格試験の合格率は20%程度と高いので、講座のセミナーや通信講座を活用してじっくりと勉強すれば取れる資格です。

就職先は各地警察署、交番、駐在所となります。
仕事内容は犯罪の予防や捜査、被疑者の逮捕、交通取り締まりなどを行います。

スポンサーリンク