調理師試験というのは料理店などを開業しようと思っている調理師の人にとっては必要な資格試験です。
調理師試験は調理に関わるいろいろな能力を持っているのか確認するための国家試験のひとつです。
国家試験ではありますが、実は調理師という職業は免許がなくても務まる仕事です。
同じ国家試験でも弁護士や医師などは、必ず試験を受けて免許を持っていなければその仕事に就くことはできませんが調理師の場合には資格がなくても調理師になることは可能です。
しかし調理師免許を持っていれば証明になりますし、お店を開くうえでは必ず必要な免許なのです。
調理師試験を受けて合格した人か、調理師養成学校を卒業した人でなければ調理師の免許を貰うことはできません。

調理師試験を受験する場合には受験資格があります。
中学校を卒業している、そして職歴として営業施設において2年以上は調理の仕事をしたことがある人という受験資格もあります。
調理師試験は、書類審査と筆記試験によって行われますが筆記試験は7科目からなっています。
そして調理師試験は各都道府県ごとに行われていますから、申込や願書、日程などは各都道府県ごとに違っています。

スポンサーリンク