試験監督になるための試験があるわけではないのですが、試験に関することでもあるので記事にします。

どんな試験を受ける場合でも試験監督は必要ですし、かならず試験監督が教室内にいると思います。
試験監督は試験によってもいろいろですが、アルバイトなどで試験監督をしている人が多いようです。

試験監督を専門に扱っている会社などもあって、試験監督を派遣しているというところもあるみたいです。
試験監督の仕事は日給制や時給制になっているのですが比較的他の仕事に比べると報酬がいいことがメリットになっています。

試験監督の中でも昇進試験やキャリアアップに今重要視されているTOEICの試験などの場合にはTOEICの試験監督専門の試験監督がいるようです。

昔だったら試験監督の仕事といえば、試験がちゃんと行われているか見ているだけで、ただ座っていればいいという試験監督の仕事が多かったようですが、最近ではきちんと試験が行われているか見るだけでなく試験問題の配布や数をチェックしたり、いろいろと業務が増えていてただ座っているだけの試験監督のアルバイトというのは少ないのが現状のようですね。

スポンサーリンク