裁判官をご存知の方は多いかと思いますが、事務官についてはどうでしょうか?

この事務官と言うのは、正式には裁判所事務官(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)という資格が必要な職種で、これから裁判所の事務で働きたいと言う人が取得する資格です。

この裁判所事務官(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)は、各裁判所に配属され、主に裁判所で、裁判の合理的・効率的な運用を図るための総務・人事・会計などの一般事務を行う公務員です。

また、裁判所事務官を経て試験を受けることで、法律の専門職である裁判所書記官になる事もできます。

受験資格は
●Ⅰ種:受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。
●Ⅱ種:①受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。②21歳未満で短大、専門学校を卒業もしくは卒業見込の者。
●Ⅲ種:受験年の4月1日で17歳以上21歳未満の者となります。

資格試験の合格率は一種1%、二種6%、三種4%ほどです。
公務員の資格は、難しい物でも5%なのでかなり合格が難しいと言うのは予想に難くないので、講座のセミナーや通信講座を活用するようにしましょう。

就職先は各裁判所となり、仕事内容は裁判所で総務・人事・会計などの一般事務を担当します。

スポンサーリンク