行政書士試験についてですが、行政書士試験には受験資格がありませんから何歳の人でも男女、学歴などにかかわらずだれでも受験できます。

行政書士試験は毎年10月第4日曜日に行われています。
試験の内容ですが行政書士の業務にかかわる必要な法令などが40題出題されます。
それとは別に、行政書士試験は一般教養が20題出題されています。
行政書士試験は筆記試験で行われて、一般教養は択一式ですが、それ以外は記述式の試験です。
行政書士試験の受験料は7000円です。

行政書士試験を受験しようと思っている人の勉強方法としては、独学でテキストを購入したりして勉強をする人も多いです。

また行政書士試験を受験する人はスクールへ通って勉強をするという人も多いです。

独学で勉強をして受験するよりも、行政書士試験に対応している内容を教えてくれるスクールに通う方が合格率も高いといわれています。

とはいえ、何から学ぼうと結局は自分の努力しだいではないかと思います。

【おすすめ】
法学を学んだことがない人でも合格できる力を身につける行政書士講座

スポンサーリンク