公務員資格の仕事と言うと、官庁での勤めや役場勤めがほとんどと思われてるかもしれませんが、衆議院での勤めをするという事もあります。

と言っても、衆議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)という資格を有している人でなければなりませんがね。

そして、その衆議院事務局職員ですが、衆議院の議院活動の補佐として、衆議院事務局本会議・委員会等の会議運営・調査事務、一般事務などを行う特別職の国家公務員です。

受験資格は
●Ⅰ種…受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。
●Ⅱ種…受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。
●Ⅲ種…受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者となります。

資格試験の合格率はⅠ種が1%、Ⅱ種が2%、Ⅲ種が2%程度で最難関の資格です。

合格が果たせなかったと言う人も多数存在する資格ですので、学習を始める際には必ず講座のセミナーや通信講座を行い、少しでも合格率を高める努力が必要となってきます。

就職先は衆議院事務局となり、仕事内容は衆議院の議院活動の補佐として、衆議院の本会議、各委員会の法律案等の審議、国政調査、議事手続に関する事務、会議資料作成が主となります。

他には各会派・各省庁等関係各方面との連絡調整、議員からの依頼による調査、庶務管理事務、議事速記に関する事務、議院警察に関する事務などキリがない程の作業があります。

スポンサーリンク