「薬剤師国家試験」について紹介したいと思いますが、薬剤師国家試験というのは将来薬剤師になったり薬にかかわる仕事をする場合に必要な資格試験です。
薬剤師国家試験は、薬剤師になるために必要な知識が技術を確認するために行われます。
年に1回行われている薬剤師の国家試験ですが1987年までは薬剤師の国家試験は年に2回行われていました。
薬剤師の国家試験を受験するためにかかる受験料は6800円になっています。
試験の合格者は、厚生労働大臣から合格証書を送ってもらえて薬剤師として登録すれば、薬剤師の免許を貰うことができます。薬剤師の国家試験の合格証がなければ薬剤師の免許はもらえません。
1949年に始まった薬剤師国家試験は1990年には薬剤師国家試験を受験した人の人数は10000人になったそうです。

薬剤師国家試験に受験できる人には資格がいります。
大学で薬学の課程を修めて卒業した人です。薬剤師国家試験は毎年3月の初めの土日に行われていて4月の上旬ごろに合格発表があります。
全国で薬剤師国家試験を行っている場所は、北海道、宮城県、東京都、石川県他9都道府県で行われています。
薬剤師国家試験の科目は基礎薬学、衛星薬学、薬事関係法規及び薬事関係制度医療薬学から出題されます。

スポンサーリンク