世界共通語と呼ばれている英語ですが、日本人は日本語しか話さない文化のため、なかなか受け入れることができません。

特に年齢が増すほどに英語に対するなじみが無い為か生理的に拒絶してしまう人が多いようです。

とはいえ中学校で英語教育が行われ若い人を中心に英語にふれる機会も多く、小学校から英語を学ぶ学校もありますね。

英語も日本語もどちらも言語です。
英語は難しいということももちろんなく、むしろ日本語の方が文法が複雑で難しいとされています。

大人になって日本語が難しく話せないなんて人はいませんよね。英語も日本語も同じです。

従って、英語を学ぶ時期が早ければ早いほど上達しやすく、若いうちに習得するのが良いでしょう。

英語を上達しようと思うなら、日本語と同じように常に耳から英語を聞き、話すことが大事です。
日本語に触れるのと同じ分だけ英語に触れれば必ず上達します。

早期に英語をマスターしたいならば日本で勉強するよりもやはり、海外に留学をして、英語を母国語とする人達と共に生活をすることがベストでしょう。

英語が話せないから海外へ行けないのではなく、むしろ、英語を学習するために海外へ行く位の気持ちが上達の近道では無いでしょうか。

[オススメ]
【登録30秒で無料体験2回】産経オンライン英会話

スポンサーリンク