体力に自信があり国の機関で働きたいと言う人は自衛官を目指すのはどうでしょう。

最近のニュースでも報じられている通り、自衛官のどの機関でも多くの人を募集しているので入りやすい状況かもしれません。

自衛官になるための資格はの詳細は以下の通りです。

自衛官(2等陸・海・空士)という資格は防衛庁・自衛隊に勤務する特別職の国家公務員です。

ほとんどの防衛庁職員が、特別職国家公務員としての自衛隊員で、自衛隊員のうち階級を有し制服を着用して武器を持って戦うことを任務としているのが自衛官です。

自衛官の階級は上から、将・将補、1~3佐、1~3尉、准尉、曹長、1~3曹、士長、1~3士となっています。

受験資格は、日本国籍を有し、男女共、採用予定月の1日で18歳以上27歳未満の者となります。

資格試験の合格率は高くて公務員資格の中ではやさしいほうです。
門戸は大きく開かれているので資格、及び就職の取得、内定のチャンスは大きいです。

ですが、他の公務員資格と比べて体力を要求される現場に配属ということはお気を付け下さい。

仕事内容は日本の平和、独立、安全を守ることを第一の任務としています。

現在では外国の武力侵略などで国を防衛する必要が生じた時や、災害などの非常事態が発生した時に出動します。
また、すべての職域が女性にも開放されており、全国各地で多くの女性自衛官が活躍しています。

スポンサーリンク