携帯会社ですが、社風が新しいので働いてみたいという若い人は多いようです。

そして、就職に当たって有利な資格の一つがエンジニアでは総合無線通信士です。

総合無線通信士とは総務省が管轄する国家資格である無線従事者資格の1区分です。

総合無線通信士には、第一級から第三級まであり、第二級、第三級と級が下がるに従い、扱える範囲はせまくなります。

第一級は、船舶・航空機・陸上、国内通信、国際通信などの区分に関係なくすべての無線設備の通信操作を行うことができる資格です。

第二級は第一級総合無線通信士の監督下であれば、第一級と同じ操作をすることができます。

第一級総合無線通信士へのニーズは高く、活躍の場も、海運会社、電気通信授業会社、海上保安庁など幅広いです。

初めて聞く人には「結局どう活用していいのかわからない資格」と感じるかと思います。
なので、単純に活用先で有名な所では、「携帯会社」での就職に役立つ資格だと思って頂ければいいかと思います。

昨今の携帯会社の新設や電波の範囲を広げて少しでも電波状況を改善するのに、この資格の有資格者はエンジニアとして起用され、多くの電波塔の管理などでその資格をフルに活用しています。

また、当然ですがこの資格を用いて働ける仕事の大半は給料が他よりいいです。

なので、将来手に職と考えている人にもうってつけの資格と言えます。

スポンサーリンク