転職に強い専門職の資格を有して少しでも有利な状況にしておきたいという人は、電気工事士の資格を取得してみてはどうでしょう?

設備会社・電気工事会社などでその資格は特に効果を発揮するので、その関連の仕事を目指そうと考えている人にうってつけです。

電気工事士とは、住宅、工場、ビル等の電気設備について工事段階で不完全な施工をすると、感電、火災等の思わぬ事故の発生する危険性があります。

経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害の発生を防止することを目的として、電気工事士の資格を定め、電気工事士試験を実施しています。

電気工事士の資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。

この資格が必要なものは、住宅や小規模店舗等(一般用電気工作物)の電気工事と小規模工場やビル等(最大電力500kW未満の需要設備)の電気工事であり、前者には第一種又は第二種電気工事士の資格が、後者には第一種電気工事士の資格が必要です。

特に生活に関わりが強い資格なので、正確な知識と作業を有する資格者を専門職につけようという為に誕生したのがこの資格です。

さて、第一種電気工事士の資格ですが年間に1度しか資格試験のチャンスがないので、他の資格試験に比べて取り逃すと厄介とも言える資格です。

スポンサーリンク