税理士試験の受験資格は大学や短期大学を卒業している人、大学3年以上の人、一定の決められた専門学校を卒業した人と決められています。
また、税理士試験に必要な資格は日本商工会議所が主催している簿記検定1級に合格している人という条件もあります。

また職業に就いていることも受験資格になります。
たとえば税理士試験を受験できるのは弁理士や司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士などの職業に3年以上従事していたものという職業の資格もあります。
税理士試験は、国税審議会が受験資格を認定した人も受験できます。毎年税理士試験の受験申込は5月の下旬から6月上旬に行われています。

税理士試験は7月の終わりから8月の初めあたりの平日に3日間行われています。
税理士試験が実施されている地域は全国で14都市となっています。
税理士試験は、記述問題で会計科目2教科、税法科目3教科の合わせて5科目合格していれば税理士試験に合格したことになります。どの科目も6割が合格ラインになっています。
税理士試験の受験料ですが1科目につき3500円になっていて1科目増えるごとに1000円追加されます。

スポンサーリンク