社会教育主事・社会教育主事補とは、教育委員会によって任命され、公民館、図書館、博物館などの社会教育施設の職員や、PTA、夫人会、青少年団などの指導者に対して、社会教育についての専門的・技術的な指導と助言を行う職員です。
給与は地方公務員に準じます。

受講資格は
①大学で2年以上在籍し、62単位以上習得した者。
②専門学校卒業者で3年以上の社会教育主事補の経験者で、関係機関の講習を修了した者。
③教員免許所持者で5年以上教育職に従事した者で、関係機関の講習を終了した者。
④大学で2年以上在籍し、62単位以上習得した者で、社会教育科目単位修得者で、1年以上の社会教育主事補としての経験者。
⑤関係機関の講習を終了した者で、社会教育における専門事項において、各都道府県の教育委員ヶ認定した者となります。

資格試験の合格率は10%以上とそこそこの人が合格できるほど資格です。
とにかく公務員の資格を取得したいと言う人に向いています。

主な就職先は公民館や体育施設、青少年婦人施設、生涯学習センター、社会教育情報センターなど都道府県および市町村の社会教育関係施設事務局。

仕事内容は公民館や図書館、博物館、子ども会、青年団、婦人会、PTA、各種の地域サークルや団体等の指導者に対して、学習講座の企画や学習方法、専門的な知識技術を必要とする問題等について、研修や助言等を通して適切な援助を行います。

スポンサーリンク