看護師国家試験というのは国家資格の看護師免許を取ることができる試験です。
看護師国家試験は保健師助産師看護師法のもとで行われていて厚生労働省医政局が監修しています。

看護師国家試験の受験資格は文部科学省や厚生労働省が決めている学校で3年以上看護師の勉強をした人といったように受験資格が決められています。

毎年看護師国家試験は2月の下旬に試験が行われていて合格発表は3月下旬になっています。
看護師国家試験は全国どこでも行われているというわけではなくて北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄県で行われています。

看護師国家試験は全部で10科目の試験を1日で試験は行われます。
必須問題と一般問題が午前中に行われて、午後からは一般問題と状況設定問題が行われます。
看護師国家試験の合格基準は合格発表の時に発表になります。
必須科目が8割以上、一般状況設定問題が6割以上正解しなければ看護婦国家試験には合格することができないといわれています。
看護士国家試験を受験して合格すれば看護師として働くための免許を貰えますから、試験を合格して初めて看護師になることができます。

スポンサーリンク