歯科医師国家試験は歯科医師免許を取得する目的で行われている国家試験です。
歯科医師になるためには、歯科医師国家試験を受験して合格してから歯科医籍に登録することで免許が貰えます。

歯科医師国家試験の受験資格は、日本の6年生の歯学部を卒業している人という人です。
歯科医師国家試験の合格率は、70パーセントといわれていますから、比較的合格率の高い国家試験になっています。

歯科医師国家試験は毎年2月に行われています。歯科医師国家試験が行われている場所は北海道、宮城県、東京、新潟、愛知県、大阪府、広島県、福岡県になっています。

歯科医師国家試験の科目は臨床上に必要な歯科に関する医学的なことや口腔英紙絵にかかわる知識や技術に関する試験です。
医師歯科医師国家試験の必須問題は基礎医学で、総論問題として歯科保健医療総論、そして一般問題としては歯科疾患の予防や管理について、歯内療法学をなどの歯にかかわる邦楽や矯正学や麻酔学などいろいろな歯科の試験が行われています。

歯科国家試験の合格基準は、毎年だいたい満点の80パーセントとなっています。
近年歯科医師の増加にともなって歯科医師国家試験も年々難易度が高くなっているといわれています。

スポンサーリンク