日本語能力試験をご存知でしょうか?
最近では日本語を習得しようとして学習している外国の人がとても増えてきました。
自分は正しい日本語を習得できているのか、それを確認するために日本語能力試験は行われています。
日本語能力試験というのは、概ね日本語を学んでいる外国の人のための試験です。

日本語能力試験は、海外からの声によって実現した試験で、勉強している人たちが、自分の能力を調べたいといったことから1984年に始まった試験なんだそうです。
日本語能力試験は、日本や海外で、日本語が母国語ではない人が日本語を勉強してその能力がどれくらいなのか測定して、認定する試験です。
日本語能力試験は財団法人日本国際教育支援協会が行っています。

日本語能力試験の内容ですが、日本語能力試験は4級からなっています。
1級から4級まであるのですが、どの級も共通して言えることは日本語の能力試験では文字、聴解、読解の三つの分野から日本語の能力を調べることになっています。
4級の試験時間は50分で1級の試験時間は180分です。
海外で日本語能力試験を受けることも可能で、日本語を勉強して受けている外国の人も多いのだそうですね。

現在はN1-N5の級になっています。

スポンサーリンク