将来の夢は先生になること……なんていう子供は今は少ないでしょうが、教員になるために必要な試験は教員採用試験です。
教員採用試験はいろいろな学校で行われています。
教員採用試験は、地域差がありますから、地域によって採用数や競争率は違っています。
教員採用試験の競争率は、小学校の採用者が増えていて、中学校の教員採用試験の倍率も高くなっています。

教員採用試験を受ける場合には、ある程度計画を立てていろいろと準備をして勉強をすることが大切です。
教員採用試験は学校によって内容が違っています。
公立の場合の教員採用試験は代替4月上旬から6月中旬くらいに願書を提出します。
そして教員採用試験はだいたい7月に1次試験が行われて合格発表が9月中ごろまでに決まりますから、その後、2次試験が行われます。

そして教員採用試験の2次試験に合格した人は、最終面談を1月から3月頃に受けて赴任する学校が決まってはれて教員になれるという流れになっています。
私学の学校の場合の教員採用試験は効率の学校の教員採用試験とは少し違っていて、適性検査を受験してその後面接などが行われる流れになっています。
教員採用試験は地域ごとにも違っていますし、私学と公立でも内容は違っています。

スポンサーリンク