*情報処理活用能力検定(J検)の過去記事です。
とにかく、情報処理で簡単な資格を取得して実績を得たいという人は、情報処理活用能力検定(J検)がオススメです。

情報処理活用能力検定(J検)という資格は、文部科学省認定の情報処理に関するパソコン・情報処理系の検定試験です。

資格の合格率は1級10%、2級30%、3級65%程度で、まだまだエンジニアとしては若手だけど将来的にはシステムエンジニア一本でやっていくと考えている人に向いている登竜門的な資格です。

就職先は、知名度が高いこの資格の1級なら3年間システムエンジニアとしての経験者と同等とみなされるため就職は可能です。以下の級では難しい。

情報処理国家資格やベンダー、ベンダーニュートラルなどの情報処理資格と合わせて取得するのがいいです。
その他、大学や、短期大学、専門学校、高校で入学優遇措置や単位認定などを受ける事もできます。

なので、先ほど記述したように、正に「これからエンジニアを目指す」という人にうってつけの資格です。

また、IT系の資格は人気の為、多数の人が資格試験を受けているので、受験料も他の資格より安くこの点でもオススメ出来ますので、ある程度の知識がありエンジニアを目指しているのであれば取得を目指して下さい。

また、3級の合格率が65%とありますが、専門学校や講座にて勉強を重ねている人の場合は80%程です。
なので、個人でもみっちりと勉強すれば3級であれば問題なく合格できる資格試験とも言えます。

スポンサーリンク