情報処理技術者試験は経済産業省が行っている国家試験なのですが情報処理技術者試験は、受験する人のレベルや情報システムの関連性などで試験の種類が分けられています。

情報処理技術者試験は高校生くらいで受験するとかなり難しい試験だといわれています。
情報処理技術者試験の中には初級システムアドミニストレータ試験というものがあります。
これは情報技術にかかわる知識や技術を持っていて、グループの中で情報化を使う人になって推進する人をターゲットにしている試験のことを言います。
簡単にいえば情報処理技術者試験の初級システムアドミニストレータ試験は、会社の中の情報化を推進するリーダーが受ける試験ということになります。
これ以外に、上級システムアドミニストレータという情報処理技術者試験もあります。これは実務経験が必要な試験なので高校生では受験できません。

情報処理技術者試験の中には基本情報技術者試験もあります。
これは情報技術すべてにおいて基本となる知識や技術を持っている人で、情報開発のプロジェクトなどで、プログラムの設計書を作って、開発して作ったプログラムをちゃんと試験するという流れの工程を担当している人が受ける試験です。

スポンサーリンク