最近は、道路や建物など現実の警備だけでなく、ネットも高い警備(セキュリティ)が要求される時代になってきており「セキュリティの認定マーク」をサイト内に表示しているサイトも多々あります。

これからネットの仕事に就いてみようという人には正にオススメな話なので、情報セキュリティアドミニストレータの資格を有して本格的にネットエンジニアとして仕事をしてみませんか?

この情報セキュリティアドミニストレータ資格とは、企業内のシステム管理者として情報セキュリティに関する能力を持つことを認定する国家資格です。

初級シスアドと上級シスアドやテクニカルエンジニア(情報セキュリティおよびネットワーク)の中間に位置する資格でもあります。
*現在はITパスポート、ITストラテジストに変わりました。

資格の合格率は、12%程度と低いです。
ですが、みっちりと合格の為の資格勉強期間をおけば充分に一発合格が果たせるハードルでもあります。

就職先は、情報セキュリティ系関連企業などが中心となります。

情報漏洩防止のセキュリティ対策へのニーズが高まっていく中、情報セキュリティ知識と技術を持った技術者への求人が多くなっていて有望な資格です。

仕事内容は、情報セキュリティ管理の現場責任者としてセキュリティに関するすべての段階で、情報セキュリティを保つための施策を計画・実施し、その結果に関する評価を行う業務を推進する事が出来ます。

最近では、初級のシスアドを持っているだけでも就職の糸口があるので、将来的にステップアップを図りたい人にも向いている資格です。

また、既に初級のシスアドを持っている人は、上級を受ける前に取得しておきたい資格とも言えます。
*現在はITパスポート、ITストラテジストに変わりました。

スポンサーリンク