建築関連のCAD資格と聞くと、大半の人が大学とかに通わないと取れないくらい難しい資格だと思われているそうですが、実際はCAD資格の中で最も簡単に取れる資格です。

なので、その建築CAD検定資格の説明を致しますので参考にして下さい。

建築CAD資格ですが、CADを利用して建築図面を作成するための知識や技術力を認定する資格の事です。

「ビルの施工など」に関する仕事で、CADをしたいという人にはうってつけの資格と言えます。

そして、資格の合格率ですが、1級50%、2級55%、3級78%、4級78%ほどとなっております。

これはかなり高い合格率なので、講座や資格の専門書を上手く活用すれば1回目の資格試験で資格をとる事が可能でしょう。

取得後の就職活動では、企業の設計部門やデザイン会社など幅広く活躍できます。

2Dより3Dのほうが需要が多い傾向にあるので、最終的にはそちらを目指すように努力して頂ければと思います。

そして建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチを元にコンピュータを使って設計の規格で決められた記号や作図コマンドを入力して、作図を行えるような一流の建築CAD士を目指して下さい。

それと気になる受験資格ですが学歴、年齢制限なしです。

スポンサーリンク