建築士と一言でいってもいろいろな資格があります。
建築士には、1級建築士試験もありますし、2級建築士試験、木造建築士試験もあります。
建築士試験を受験する場合にはこのように種類がいろいろとある国家試験です。

建築士試験を受験するためには受験資格が決められています。
2級建築士試験を受験する場合には大学、短期大学、専門学校の建築学科を卒業した人や建築の実務経験が1年以上あるという人と決められています。
そのほかにも建築にかかわる仕事を7年移譲すれば2級建築士試験の受験資格を貰うことができます。
そして、1級建築士の受験資格は、大学の建築や土木学科を卒業していて実務経験が2年以上あるということが受験資格になっています。

建築士試験は学科試験と設計や製図の試験があります。
建築士試験の科目は、建築計画、建築法規、建築構造、建築施工の4科目があります。
2級建築士の場合は試験は7月に学科試験が行われて、9月に設計製図の試験があります。
そして木造建築士と1級建築士試験は7月に学科試験、10月に設計製図が行われています。
2級建築士試験と木造建築士試験は13900円が受験料で1級建築士試験は15100円になっています。
合格率は木造建築士が一番高く、続いて2級建築士、1級建築士になるとさすがに難しく数パーセントの合格率です。

スポンサーリンク