犯罪系ドキュメンタリードラマで非行少年を教育する人が出てきますよね。

これは家庭裁判所調査官補Ⅰ種などの資格を有している人が行うもので、社会的な貢献は高く、また性格は忍耐強い人が職務に向いています。

資格の所持者の大半は、社会の犯罪を少しでも抑止したいと考えている方が多く、講座などの受講者も毎年安定しているそうです。

そして今回紹介した家庭裁判所調査官補I種(家裁調査官補I種)とは、家庭裁判所に配属され、家庭紛争や非行少年について、当事者やその他の関係者に面接を行ない、必要に応じて心理テストなども交えながら事件の原因・背景・解決方法など調査検討を行う法務省管轄の国家公務員です。

受験資格は、受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者となります。

資格試験の合格率は最難関に分類される資格試験で、講座のセミナーや通信講座を多く活用しての学習が必要になってくるレベルです。

就職先は各家庭裁判所となります。
仕事内容は非行少年事件や家庭紛争事件等に関して、調査を行ったり少年の講習指導・試験観察や、調停へ出席を行います。

公務員の資格の中でも、特に厳粛な環境での仕事となりますので、資格試験の学習中に裁判所についでも学んでおくと、より良く資格を活用する事が出来ますので取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク