宅建試験というのは宅地建物取引主任者の資格を取得するための試験です。
この宅地建物取引主任者の資格は国家資格なのですがとても人気がある資格の一つです。

宅建試験に合格して宅地建物取引主任者になった場合には、宅地や建物の取引をするのに欠かせない役割を果たしますから、宅建試験を受験してキャリアアップを目指している人は多いですし、就職や転職にも役に立ちます。
また宅建試験に合格して独立している人もいるようです。

宅建試験は初心者でも合格することができる、比較的頑張れば誰でも取得することができる資格の一つです。
宅建試験はマークシート方式の資格試験ですから選択肢から選べばいいので丸暗記をする必要もありませんし、勉強さえしておけば合格しやすい試験の一つだと思います。

宅建試験は50点満点で35点くらい取れば合格できるそうですから7割できれば合格です。
宅建試験を受験するにあたって受験資格などはありませんから、年齢や学歴などにかかわらずだれでも宅建試験を受けることができます。

宅建試験は不動産関係の仕事をしている人にとってはとても役に立つ資格ですし、再就職や転職にも役立つ資格取得のための大切な試験です。

【おすすめ】
大手予備校の授業料の1/3以下の費用で学べる宅建講座

スポンサーリンク