パソコンは専門的な分野に特化している人だけが出来ると、あまりPCに詳しくない人はプログラミングの世界に対して、かなり高度な分野だと感じています。当然ですが。

近年ではプログラミング関係の会社でも、基本情報技術者を持っている人であればプログラマーとして多数採用しているようです。
この基本情報技術者と言うのも本人の学習如何によっては、そこそこの人が合格するほど特に難しいと言う物ではないという噂。

基本情報処理技術者とはSE、プログラマーを目指す人の登竜門的な資格となっており、最近ではその分野に進む人が必ずと言ってもいいほど取得しています。

またその後ですが、基本情報技術者の資格を取得した人の多くが、ソフトウェア開発技術者試験などの高度情報処理技術者試験に挑戦しています。

そして、この資格の取得の利点としては会社にもよりますが資格手当てが付く場合があるという事です。

資格の合格率は13~16%程度でそこそこの難易度です。
基本的には、プログラミングの基礎や、ロジックについてどこまで理解できているのかを中心とした試験となります。

なので、過去問を繰り返し勉強すれば、大筋の問題については解答出来るような試験の構成となっています。

就職先は、情報システム系・ソフトウェア系関連企業などが中心。
実務経験がないとこの資格だけでは厳しい、この資格をステップに上位資格を取得するのがいいでしょう。

ですが、年齢が若ければ充分に認めて貰える資格なので、プログラミングを先行した在学者に関しては頑張って取得して下さい。

仕事内容は、情報システム開発プロジェクトにおいて上位技術者の指導のもと、プログラム設計書を作成し、プログラムの開発を行い、単体テストまでの一連のプロセスを担当します。

スポンサーリンク