税に関するスペシャリストが目指す資格があります。
それは税理士ではなく「国税専門官」という資格で、税理士と同等かそれ以上の人気で、中には中途から転職の為に資格を取得するという人もいるほどです。

国税専門官という資格は、税務署に所属し、納税義務者(会社・個人)が適正な申告をしているかどうかの調査・検査をしたり、税金の督促や滞納調査をしたりする税のスペシャリストです。

通称『マルサ』と呼ばれています。

受験資格は
①受験年の4月1日で、21歳以上29歳未満の者。
②21歳未満で、大学を卒業、または卒業見込みの者。
③人事院が②と同等と認定した者となります。

資格試験の合格率は他の難しい公務員資格に比べればかなり高いので、税関系の仕事に興味のある方は取得を目指すと良いのではないでしょうか。

また、公務員資格は講座のセミナーや通信講座が多数あるので、取得に不安がある方はそちらを利用されると良いかと思います。

主な就職先は国税局および税務署となります。
給料は国家Ⅱ種より高く、公務員では多い方に分類されるそうです。
また友人・家族にも仕事での行き先は絶対に教えてくれないという一面がある仕事でもあります。

仕事内容は納税義務者である個人や会社等を訪問し、適正な申告が行われているかどうかの調査・検査を行うとともに、申告・納税に関する指導や税金の督促や滞納処分に関する指導などを行います。
また、脱税嫌疑者に対して家宅捜索等の強制調査を行い、告発を行います。

スポンサーリンク