国家公務員試験は、公務員として働くことに適しているのかどうかを確認するために行われている、国、地方公共団体が実施している試験のことです。
国家公務員試験といっても一種類だけではなくて国家公務員試験は職種によっていろいろと分けられています。
共通していえることは学力試験と面接の二つから成り立っているということです。

国家公務員試験を受けるほとんどの人が、自力や独学で勉強するのではなくて、試験対策の予備校や対策講座などに通って勉強をしています。
国家公務員試験合格を目指すための予備校などもあります。

国家公務員試験は人事院が実施している試験と採用する機関が行っているものと二つに分けられています。
国家公務員試験で人事院が行っているものには、学歴などをある程度の目安にして行われていて、大学卒業程度の学歴を対象にしている試験と、高校卒業程度の学歴を対象にしている試験に分けられています。

国家公務員試験を実施している期間はたとえば外務省、防衛省、最高裁判世、参議院事務局、国立国会図書館などの新規の採用者を採用するときなどに行われています。
国家公務員試験には他にも地方公務員試験などもあり就職先も職種も様々です。

スポンサーリンク