公務員の資格は時代を反映して益々の人気を誇っています。

そんな公務員資格の中で特に人気な資格が『国家公務員Ⅰ種』という資格です。

国家公務員Ⅰ種という資格は、中央官庁や国の出先機関で仕事をするために必要な資格です。

公務員試験では最難関ともいえる試験内容で、各省庁の幹部候補生「キャリア」としての道が約束されている職種です。

ほかの職種などに比べても採用枠が少ないですが、海外などでの研修プログラムなどのシステムが充実しています。

また、受験資格は
①受験年の4月1日で21歳以上33歳未満の者等。

②21歳未満でも大学を卒業または翌年卒業見込みか、人事院がそれと同等と認定する者などとなります。

資格試験の合格率は数%ほどと、最難関と言われるだけあって余程の勉強をしない限りは合格出来ないほどの合格率です。

資格を活かしての就職では中央官庁や国の出先機関となります。
また、将来性についても国の機関で働く事となるので非常に良いと言えます。

資格を活かしての仕事内容は中央官庁で政策の企画立案、法律や諸制度の改正、事業予算の獲得、国会対応(大臣の答弁資料作成など)といった重要な国家行政を行います。

普通の公務員と違い猛烈に忙しい部署が多いそうです。

スポンサーリンク