当たり前のことを当たり前のように書きますが司法書士試験を受験して合格すれば司法書士になることができます。

司法書士試験は国家試験で年齢も性別も学歴も関係なく受験することができる試験です。

司法書士というのは、どのような仕事なのかといえば依頼されて裁判所や検察長、法務局に出す書類を作ったり簡易裁判をする際の訴訟代理や登記などの手続きの代理を行うことを仕事にしています。

司法書士試験に合格するのはなかなか難しいといわれていて、一発で試験に合格するという人はなかなかいないのが現状です。

司法書士試験は1次試験と2次試験がありますし、筆記試験に合格すれば口述試験があります。

司法書士試験の筆記試験は、毎年7月の初めごろの日曜日に行われていて司法書士試験の筆記試験に合格した人は10月に行われる口述試験を受験します。

司法書士試験の願書はだいたい5月中ごろから受付を行っていて受験する管轄の法務局の総務課へ願書を出すことになっています。司法書士試験は全国で行われています。

司法書士試験の合格率はとても低く難しいものですが、それだけ合格したときの喜びは大きいでしょう。

スポンサーリンク