タレント議員が珍しくなくなった昨今、知事ですら週に何度もテレビやバラエティーに登場する政治の現況はこれからもますます加熱していきそうです。

そして、近年のそういった背景も影響して参議院事務局職員(Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種)などの政治関連の資格を取得する人が若干ではあるようですが増えてきているそうで、政治関連の資格、参議院事務局職員を説明いたします。

参議院事務局職員とは、参議院の議院活動の補佐として、参議院事務局本会議・委員会等の会議運営・調査事務、一般事務などを行う特別職の国家公務員です。

受験資格は
●Ⅰ種…受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。
●Ⅱ種…受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。
●Ⅲ種…受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者となります。

資格試験の合格率は公務員資格の中ではかなり高いほうです。
なので、ある程度の期間、講座のセミナーや通信講座を受け自己学習を怠らなければ十二分に資格を取得する事が可能です。

就職先は参議院事務局となります。
仕事内容は参議院の議院活動の補佐として、参議院の本会議、各委員会の法律案等の審議、国政調査、議事手続に関する事務、会議資料作成が主となります。

他には各会派・各省庁等関係各方面との連絡調整、議員からの依頼による調査、庶務管理事務、議事速記に関する事務、議院警察に関する事務などかなり多岐に渡る作業を行います。

スポンサーリンク