公認会計士試験はとても難しい国家試験で、専門の学校へ通ってから公認会計士試験を受験しても1発で合格する人はなかなかいないといわれています。2年から5年かかって公認会計士試験に合格する人が多いようです。

公認会計士試験は、北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、熊本、沖縄で行われています。
公認会計士の短答式試験は、だいたい毎年5月に行われていて試験の科目は起業法、管理会計論、監査論、財務会計論が行われます。

公認会計士の合格発表は6月でそれに合格すれば論文式試験を8月に3日間にわたって受けることになります。論文式試験の方は、監査論、租税法、会計学、企業法、選択科目の試験が行われます。公認会計士の合格発表は11月に行われます。

公認会計士試験の願書は1月中ごろから2月いっぱいまで配布されて2月中旬から提出です。
公認会計士試験の受験料は19500円で、収入印紙を購入して貼り付けて提出します。

公認会計士の願書は受験を希望する財務局理財課へ提出することになっています。

USCPAベーシックスタディパックお得な4科目パック

スポンサーリンク