公務員試験は文字通り公務員になるための試験です。
公務員として国や都道府県、地方自治体で働くための試験です。

国の職員として働く国家公務員になるためには、国家公務員採用1種試験や2種試験を受験しなければいけません。
そして公務員試験でも、地方自治体で働く地方公務員になる場合には、自治体が実施している採用試験を受けて合格しなければいけません。

自分が希望している官庁などの採用試験などを受けたりしなければならない国家公務員と、そして公務員試験を受けるだけで合格すればすぐに採用が決まる地方自治体があります。
どちらも公務員試験を受けることには変わりありませんが、難しさや、採用方法が若干違っています。
公務員試験に合格するためには、予備校へ通ったり公務員試験を専門に取り扱っている学校などへいって勉強する必要があります。

公務員試験を受けて、公務員になれば、国民の生活をよりよくするための仕事をすることができますし、収入の面でもあまり世の中の景気に影響されにくいのでメリットが多いと思います。
また公務員という仕事は男女が平等に働ける職場として、将来性もあると思います。

スポンサーリンク