介護福祉士というのは、社会福祉士や介護福祉士法に基づいて介護福祉士の名前を使って専門的な知識や技術を持っていて、体や精神的に障害がある人の日常生活を助けるために入浴介助や排せつの補助、食事などの介護を行うということが介護福祉士の仕事です。

介護福祉士国家試験は介護福祉士になるための資格試験ですが、介護福祉士国家試験や免許の登録は厚生労働省が管轄して財団法人社会福祉振興試験センターが管轄しています。
介護福祉士国家試験は筆記試験と実技試験から行われています。

介護福祉士国家試験は全国のどの都道府県でも開催されているわけではなくて、12都道府県で実施されています。介護福祉士国家試験の合格率はだいたい50パーセント弱ということですからそれほど合格率は低いということはないようです。

最近ではいろいろな通信講座や予備校のような場所でも介護福祉士国家試験対策のための講座や勉強が行われています。
介護福祉士国家試験を受験しようと思っている人は通信講座やスクールへ通って勉強をする方が介護福祉士国家試験の合格や介護福祉士の免許を取得するのには近道になるといわれていますから独学での受験よりもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク