*記事中の数字は過去のものですので、あくまで目安として捉えてください。
中小企業診断士の試験の合格率は16.2パーセントといわれていますから難しい資格試験になると思います。
中小企業診断士の試験は一回目二回目ともに、300分で500点満点で行われます。

中小企業診断士試験の合格基準は満点の6割以上と決められていますが、すべての科目において4割以上は正解していることが基準になっています。
中小企業診断士試験は1次試験が毎年8月に行われていて中小企業診断士の2次試験は10月に筆記試験と12月に口述試験が行われます。

中小企業診断士試験に合格して中小企業診断士の資格を取得した際には、独立して開業することも可能ですし、経営コンサルタントとして企業の経営をサポートすることもできます。

また、コンサルタントだけでなくいろいろなセミナーやビジネススクールなどの講師になることもできますから中小企業診断士試験に合格して資格を取得するということはかなり活躍の幅を広げることにもなると思います。
キャリアアップや転職などにも役立つ資格です。

スポンサーリンク