不動産鑑定士という職業がありますが、不動産鑑定士になるためには不動産鑑定士試験を受験して合格しなければ不動産鑑定士になることはできません。

不動産鑑定士試験の試験科目は5科目になっていて、不動産鑑定評価理論、民法、行政表現、会計学、経済学の5つの科目です。
不動産鑑定士試験には以前は受験資格があったのですが受験資格は必要がなくなりましたから誰でも不動産鑑定士試験を受けられることになりました。
受験資格がなくなったことから不動産鑑定士試験の競争率が激しくなったといわれています。

不動産鑑定士試験には短答式試験もここ数年で導入されるようになりました。
短答式試験の合格実績は2年間は有効です。

不動産鑑定士試験を受験して不動産鑑定士資格を取得すれば、不動産鑑定の仕事に就くことができるようになります。
不動産を鑑定したり評価をしても許されるのは不動産鑑定士だけと決められていますから、独占業務なので不動産鑑定士の仕事は需要が高い職業だといわれています。

そのために不動産鑑定士試験を受けてキャリアアップや転職を目指している人は多いといわれていて不動産関係者以外からも受験者は増えています。

スポンサーリンク