最近の若い人は検査や管理を行う仕事はきつい仕事だと思っているようで、ボイラー作業は特にきつい仕事だと思われています。

ですが、実際は点検と保守を行い他のボイラーも随時点検すると言った作業や、期間的に細かいボイラーの補修作業がある程度なので、言われているほどきつい仕事ではありません。

給料もそこそこあり、そこそこきついと言うのが正しいボイラー作業の知識だと言えます。

なので、これからボイラーに挑戦したいという方は、ボイラー(小規模)取扱者の資格を有してみませんか?

ボイラー関連の転職の際には必須な資格なので、転職の際に後から取るのでは遅すぎます。

また、小規模ボイラー取扱者は、ボイラー取扱技能講習を受けることが義務づけられているいます。

小規模なものでも取り扱いを間違えれば危険であるため、安全操作を行うために設けられています。

受験資格には制限はないですが、18歳未満の場合は講習を修了しても業務に就くことはできません。

(社)日本ボイラ協会都道府県支部などが、2日間にわたって14時間の学科講習を実施します。

規模の大きいボイラーを扱うボイラー技士資格を取得するためのステップとして受講する人も多いので、まずはここで基礎知識を学ぶと良いでしょう。

この資格は「経験を経てから覚える為のステップアップ」と書いてるように、取得したからといってすぐに活かせる資格ではありません。

ですが、ボイラーのメンテナンス工などその資格の活用範囲は広く、ボイラー取扱者の資格を有して、次の資格を取得する際にもその知識を活用することが出来るので、ボイラーで手に職と考えている人には是非取得して欲しい資格と言えます。

スポンサーリンク