なかなか就職出来ないハード系のエンジニアとして働きたいのであれば、テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)はどうでしょう?

資格を有している、それだけでも採用と言う会社や試用期間を要して雇い入れている会社は多いので、意外と有効活用できる資格です。

このテクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)という資格、エンベデッドシステム(マイクロプロセッサやシステムLSI、メモリ、コントロール回路等を含む)開発工程の計画・管理の能力を認定する資格です。

資格の合格率はかなり低いです。ですが、みっちりと合格の為の資格勉強期間をおけば充分に合格できるハードルでもあります。

就職先ですが、ハードウェア系・電子システム系関連企業などが中心となります。
実務経験があればこの資格だけでもOKという場合は多いです。

仕事内容は、情報システムの構築、運用、マイクロプロセッサやシステムLSIを組み込んだ電子機器の設計・開発を行います。

上記にもあるとおり、電子機器の設計でも活用する事が出来る資格なので取得しておけば、将来性の高い電子機器関連の会社にエンジニアとしての就職も可能となります。

また、高度な専門職の中では若干合格率も高い資格なので、在職中にもとれる資格として人気の高い資格となっております。

スポンサーリンク