ケアマネージャーになるためには、まず都道府県が実施している介護支援専門実務研修を受講して試験に合格してから、都道府県が実施している実務研修を受講し、修了証を貰えばケアマネージャーになることができます。

ケアマネージャー試験はケアマネージャーになるための大切な試験です。

ケアマネージャー試験を受験する場合には受験資格があります。

ケアマネージャー試験の受験資格は、保険や医療、福祉などの職場で5年以上実務経験を積んだ人や介護を10年以上した人しか受験できないことになっています。

ケアマネージャー試験を受ける場合には、ケアマネージャー講座などを通信講座などで受講して勉強をしている人が多いようですね。

ケアマネージャー試験を受ける直前にもケアマネージャー試験直前対策講座などもあります。

こちらを受けてからケアマネージャー試験を受ければ、ある程度の試験問題の類似したものを教えてもらえたり、過去問題を知ることもできます。

ケアマネージャー試験を受ける前には直前対策講座を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク