アプリという言葉をネットで目にした事がある人はいませんか?

最近では、このアプリと呼ばれるものが人気で、テレビでも新聞でも報道をされたりもしています。

そして、同時にアプリケーションエンジニアという資格を取得しておいて、この人気に乗じてアプリケーション開発で一つ旗を上げようと言う人は多く、無料や有料コンテンツに多数のエンジニアが作品を載せています。

また、アプリケーションエンジニアという資格ですが、システム化計画を進めるうえで、ユーザニーズに合った情報システムを構築するために、個別アプリケーションのやプロジェクトの統括を行なう能力を認定する資格です。

資格の合格率は7%程度と極めて難しく、短い期間での取得を考えずにじっくりと勉強期間を設けて取得を目指すのが無難と言えます。

就職先は、プログラミング系・情報セキュリティ系関連企業などが中心となります。

仕事内容は、ハードウェアとソフトウェアの両面にわたる広範な知識をベースに、システム利用者からの要求を正確に把握し、プロジェクトマネージャの指揮の下でシステムの基本設計を行い、ソフトウェア開発技術者に指示を出すほか運用テストでの利用者の指導なども行ないます。

また、アプリケーションは最近では個人でも数人のチームを作って、在宅にてアプリを作成するSOHOの人が多いので、将来的にはSOHOも視野にいれておける資格を、と考えの人にも向いています。

スポンサーリンク